介護におけるADLの重要性とは?!ADLの基礎知識について知ろう!!

介護においてADLはとても重要なポイントになります。しかし、ADLと言ってもその内容を理解している人はそれ程多くありません。ここでは、介護に必要な評価であるADLについて詳しく見ていきたいと思います。

ADLの基礎知識について

ADL

ADL(日常生活動作)

ADLとは、Activities of Daily Livingの頭文字を取った用語となっています。ADLのAは動作、Dは日常、Lは生活の意味を持ちます。従ってADLと言うのは、「日常生活を送るために最低限必要な日常的動作」と定義されています。具体的な動作には、起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容動作等の動作が挙げられます。

日常生活動作 or 日常生活行為

ADLは、医療、看護、リハビリテーション、介護等の分野で、大いに活躍しています。各専門分野において訳し方が異なる場合もあり、日常生活行為や日常生活行動と言われる事もあります。最近では、ADLの項目の一つとしてコミュニケーション力が含まれていたり、動作とひとくくりにしても計画性、認知性、修正等の行為を含んだり、総合的行為である事から多くの場合、日常生活行為と言われる事が多くなっています。また、それぞれの動作を分類し、起居動作、移動動作、食事動作、排泄動作、整容動作、更衣動作、入浴動作、コミュニケーション等、類型別にしているケースもあります。

介護業界ではADLの自立性は重要な要

介護業界において、ADLが自立しているか否かを課題にしているのは、利用者本人が自立した生活を送る上で、一体自分でどの範囲まで動作できるか、と言う点が重要だからです。ADLが自立していない場合には、日常的動作の中で何らかの動作が本人一人の力では不可能という事になります。そうなると、何らかの介護や介助が必要になります。
その為、介護業界では介護職員が利用者のADLを評価する際、例えば「食事を食べる事に関しては自立、食堂までの歩行には要介助」「排泄時に一部介助」「入浴時の身体を洗う行為は自立、着替えは要介助」等、利用者の動作を見ていきます。その際に、各動作別に「自立」「一部介助」「全介助」に評価が分類され、要介助の場合は具体的にどのような介助を必要とするのかを評価していく事が通常です。
人によってADLの自立の度合いで、自分自身の身の回りの行いが自分一人でできるかの判断基準に役立てていく事ができます。すなわち、介護の必要性とADLと言うのは直結している為、日常生活を利用者が送っていく上での大切な尺度になるのです。

ADLの主なチェック項目例

基本動作

起居動作:寝返りをうつ、起き上がる、立ち上がる

セルフケア

食事:自律した食事行為の度合い
整容:歯磨きをする、髭剃りをする、化粧をする
入浴:体を洗う、髪を洗う、浴槽を移乗する
更衣:ズボン、上着、下着等の着脱ができる

トイレ

移動:自立した移動の度合い
車椅子 or 歩行:杖で歩行する、歩行器を使って歩行する等
階段:階段の上り下りができる
移乗:トイレに移乗する、ベッドに移乗する

このように…

医療・介護・看護・福祉の現場では、働く看護師、リハビリスタッフ、介護士等は、利用者の日常生活能力を具体的にアセスメントする事で、一人一人の体の状態を把握しています。

IADLとADLの違い

ADLと言うのは、日常生活動作であり基本的に行う生活上の動きの事を言いますが、IADLと言うのは「Instrumental Activities of Daily Living」の略称で、手段的日常生活動作と言います。これは、人が一般的な日常生活を送る為に必要となる動作の中でも、ADLに比べて複雑で高度な動作を意味しています。日常的動作でも、利用者本人が自分の頭を使って判断する場面が多く求められる動作という事が言えます。

IADLの例…

例えば、買い物、服薬管理、電話応対等がIADLに該当します。買い物の場合では、料理メニューに応じて「自分でどんな食材を買うべきなのか?」理解する事が必要で、お会計する際には「いくらお金を出せば良いのか?」金銭管理能力も求められます。また、電話応対の場合では、「一体誰宛てで、家族不在の場合の対応はどうすべきか?」コミュニケーション能力が求められます。特に、高齢者と同居されている家庭においては、IADLの状態もしっかり把握しておく事が、心身機能衰えの早期発見に繋がるのです。

このように…

ADLとIADLは密接に関連しています。しかし、その意味合いや活動作分類には違いがあります。在宅生活を共にしない限り、中々IADLを周りの人が把握する事は難しい部分でもあります。ですが、利用者が自宅で自分らしく生活を送っていく為には、IADLの能力も必要になる場合もあるのです。

ADLのアセスメント(評価)

ADLのアセスメントですが、利用者のADLをアセスメントして把握する事で、様々なメリットがあります。メリットとなる要因にはICFが関係してくるのですが、ICFは健康状態、心身機能、身体構造、活動と参加、環境因子、個人因子から構成されており、障害があっても「このようにすれば出来る!」と、生活全体像をプラスに捉えて広い視点から理解する事を目指す事ができます。ICFの考え方である「自分らしい生活」について色々な角度から捉えると言う事に関して、ADLのアセスメントでは重要になるのです。

高齢者QOL向上とADL・IADLの関係性

QOLはリハビリの考えが根源にある

QOLと言うのは、障害で身体機能回復しなくても、社会参加や自己実現できたりすると言う考え方です。この考え方は、アメリカで1970年代に誕生したリハビリテーション法の影響を受け、1980年代には医療分野でQOLは大きく広がります。
世の中に大きく広まったきっかけには、末期がん患者への支援が挙げられます。限られた命、がんの痛み、家族との寄り添い等、患者の緩和ケア中心の考え方として大きな注目をされ、その考え方は、高齢化を迎えた現代にまで至っています。高齢者が満足した生活を送り、楽しく余生を過ごせるようにと言う願いがあるのです。

高齢者QOL向上とADL・IADLの密接な関係

ADLから派生した類型にIADLがあります。これはADLの延長線上にある、掃除、洗濯等の家事動作全般、金銭管理、内服管理等の動作になります。自宅で生活をしている高齢者には、ADLはもちろんIADLについてもしっかり観察して、本人の思いを尊重し適切な介護ケアを行う事が大事になります。それが、QOL向上に繋がるのです。
私達の生活と言うのは、食事・排泄・移動等のADLと、家事・買い物・金銭管理・掃除等のIADLが相互作用して成り立っています。ひと昔前までは、ADL機能ができてさえいれば、利用者自身で家事や掃除等はできると言う考え方でしたが、現在は捉え方が異なります。ADL機能があったとしても、実際に利用者が家事や掃除を行っているとは限らなかったり、栄養失調になっており汚れた部屋で過ごしていたり、色々と問題が発生してしまう事もあるのです。これでは、利用者本人の生活の質が下がっていってしまいます。どれだけADLに特に問題がないとしても、IADLを行う事ができていなければ、QOL自体に問題が生まれてしまうのです。

まとめ

ADLは、普段から利用者本人と過ごしていなければ、利用者の実態について把握しづらい内容で、正確な判定をする事も難しいものです。しかし、日常の何気ない利用者の変化を汲み取れるのは、何と言っても利用者と一緒に生活を共にしている家族に他なりません。介護は専門家と家族の連携が必要不可欠です。要介護度の変動や適切なケア等に色々と影響を及ぼす可能性があります。日頃から利用者とのコミュニケーションを大切にし、利用者の変化に気付けるようにしましょう。